ドラッグの定義とは

ドラッグの定義とは

麻薬や覚せい剤などを含めるとドラッグの歴史はとても長いものです。幻覚作用のある薬草などは、古くから呪術や儀式などに様々な民族が利用してきました。

 

服用すると陶酔感や気分が落ち着いたりする種類の薬は、現世から自分を飛び立たせる効果があるとされ説いて、飛躍として重要視されるものを少なからずありました。

 

それから時代は流れ、儀式に使われるような薬草は、一般的に使用される単なる嗜好品として、もしくは媚薬としての利用方法が多くなるようになりました。

 

利用価値があるとわかると、人間はさらにさまざまな薬草を発見して、そしてそれに夢中になりました。人間は昔からドラッグ中毒になりやすい性質を備えていたのです。そしてそれは現代においても続いています。

 

日本でもいくら法律で制限しても、危険ドラッグがなくなることはない。しかも、覚せい剤や麻薬だけでなく、たばこや酒やコーヒーも一種の依存性と精神への作用を持つという部分では、ドラッグであるのです。

 

現代では若者もドラッグの使用で逮捕されることが増えてきて、先日は小学生から覚せい剤反応が出るという報道もされました。

 

現代の日本の法律で使用が承認されていないドラッグなどは、人体に危険な影響が出ることがあるので、使用することは控えたほうがいいでしょう。ただし、治療目的で医師の管理下の中使用する分には、良薬となるものもたくさんあります。

 

ここ数年で注目されている合法ドラッグですが、クスリで簡単に味わうことのできる感覚に興味を持って、簡単に手を出すのは絶対にしてはいけないことです。快楽は一時、人体への影響は一生続くと思ってください。